「ストレス」が招くとされる身体的・物理的な痛みを伴う症状としては
「胃潰瘍」が最も広く知られている症状ではないでしょうか?

特に、上司と部下の板挟みによる・・・・といったような
「管理職のおじさん」がなるイメージを持っている人も多いはずです。

昨今では、女性管理職の増加から傾向が変わってきていますが
実際に「ある程度の地位のおじさん」の多かった症状なのです。

つまり、ある程度はストレスの要素が影響している症状ではあります。

しかしそれだけではなく、意外と奥の深い・複雑な症状であり
場合によっては、深刻な症状につながる恐れのあるものでもあり

もちろん「生活習慣」が原因でもあり、予防にもなる症状です。

「胃潰瘍」の症状

胃潰瘍というのは、よく耳にする言葉ではありますが
実際に、どのようなことが起きているのかを知らない方も多いはずです。

「潰瘍」とは「炎症」がより重篤化し、細胞・器官・組織を傷つけてしまっている状態です。

そもそも、胃の内部で炎症が起きる原因としては
「胃そのもの」が分泌する「胃酸」によるものであり、
これは「胃痛」や「逆流性流動炎」の要因としても知られています。

これらの症状を引き起こしている要因が
より重大化し、潰瘍にまで発展した症状を「胃潰瘍」と呼びます。

胃潰瘍には「慢性」と「急性」があり
前者の場合には、日常的も「胃痛」や「げっぷ」といった
典型的な症状を抱えている人も多いはずです。

多くの場合、「(ヘリコバクター)ピロリ菌」という細菌が原因であり
長い間、同じ症状に悩まされている人も多いはずです。

胃潰瘍の症状が見られる人のほとんどが感染していると言われ
根本的に「退治」しない限り、繰り返すことになります。

後者の「急性」の症状が「倒れて病院に運ばれる」といった
「急な激痛」に見舞われるものになります。

「ストレス」や「暴飲暴食」によって、発生するのもこちらです。

いずれにしても、徐々に胃が弱らされていき
限度を超えた際に、激痛が襲ってくることには変わりありません。

早めの対処が重要であることは同じ

胃潰瘍の症状は、当然のことながら「早め」の対処が必要です。

「胃痛」はもちろん、

  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 食欲不振

といった症状、更に「食後の胃痛」は非常に注意すべき段階です。

健康な人であっても、空腹の状態が長い場合には
胃酸から胃壁を守るものがばく、「キリキリ」痛むことがあります。

また、慢性的な胃痛を抱えている人であっても
食事をすることで、胃痛を治まる人も多いです。

「食後」にまだ痛いということは、症状がかなり進んでいる可能性があります。

更に胃の内部の「ピロリ菌の有無」は、検査しなければ分からないものでもあります。

胃潰瘍は、「出血」が見られる場合に手術が行われることもありますが
基本的には「内服薬」によって、胃を守ることで症状の改善をしていきます。

つまり「傷つけない」までは、特別な処置が必要であり
それ以降は、ある意味で「自然治癒」の力が非常に重要になるのです。

まずは休ませる

傷ついている・疲弊している臓器は、まず休ませることが大切です。

本来であれば、1~2日の「水だけ断食」がおススメなのですが
胃痛を伴う場合には、胃の内部を空にするのは得策ではありません。

そのため「小まめに少しずつ」の食事法がおススメでああり
「消化にいいもの」に加え、「水分量の多いもの」を摂取しましょう。

「消化に悪いもの」というのは、より多くの胃酸の分泌が必要です。

もしうまく消化できなかった場合にも、水分で中和する必要があります。

また、ピロリ菌を退治するためには「乳酸菌」といった
「いい細菌」を体に取り入れてあげることが有効です。

慢性的に消化器の不快感を抱えている人は珍しくなく
「みんな年をとればそうなる」と考えている人も多いですが
一度は真剣に考えてみることが必要です。

「大事」に至ってからでは遅すぎるのです。

特に、消化器の不調は「癌(がん)」につながるリスクの高いものです。

そして「鎮痛剤」といったものは、根本的な解決にはならず
必ず「生活習慣」のなかで、じっくり改善することが必要になります。